東京生まれ東京育ちの男が、鹿児島生まれ鹿児島育ちの嫁を貰って知ったり、気が付いたことを綴ったブログ

東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと

鹿児島のグルメ

鹿児島黒豚のバラ肉を食す

2019年5月28日

こんにちは、東京の旦那の神谷です。

鹿児島の豚と牛の肉

嫁の実家から鹿児島の黒豚と牛の肉が送られてきました。

そこで本日は、黒豚のバラ肉を食します。

鹿児島黒豚についてはこちらから

鹿児島の嫁の実家から、鹿児島黒豚が送られてきたのでバラ肉を食す

鹿児島黒豚バラ肉

 

鹿児島黒豚のバラ肉の札

鹿児島黒豚でも、バラ肉はリーズナブルですね。

 

でも、近くのスーパーで買う豚バラ肉よりかなり高いですけど。

薩摩美豚

 

豚バラはリーズナブルで、いろいろな料理のバリエーションがあるのでよく使います。

今回は、送ってきたバラ肉が250gもあったので、比較検討はしないで、鹿児島黒豚のみを味わってきました。

 

なるべく、濃い味付けは避けて、梅干であっさり味をつけてキャベツと組み合わせて、鍋のような料理を選択。

『約15分で完成!豚バラとキャベツの梅煮』

料理

豚バラとキャベツの梅煮01

豚とキャベツを層のようにして鍋にセット。

豚バラとキャベツの梅煮02

キャベツを盛り盛りにするのがポイント。

野菜は温めると縮みます。

さらに、野菜からたくさん水が出るので、あまり水を入れなくても、鍋のように。

一回沸騰させて、あとは、中火で10分。

非常にシンプルな料理です。

料理出来上がり

豚バラとキャベツの梅煮 完成

完成です。

見た目非常にシンプル。

梅の薄味が肉の旨味をしっかりと伝えてくれます。

 

豚バラですから豚の脂がいっぱい。

その豚の脂のプルプル感が美味しいです。

 

豚の味が濃厚にキャベツに染みわたっています。

まとめ

かなり、脂あぶら、しています。

でも、その脂が旨いなぁ。

 

豚の脂が苦手な方もいるかもしれませんが、私は結構好きです。

 

今回も満足の一品でした。

-鹿児島のグルメ

Copyright© 東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと , 2020 All Rights Reserved.