東京生まれ東京育ちの男が、鹿児島生まれ鹿児島育ちの嫁を貰って知ったり、気が付いたことを綴ったブログ

東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと

鹿児島のグルメ

鹿児島黒毛和牛 肩ロース切り落とし A-5等級

2019年6月4日

こんにちは、東京の旦那の神谷です。

鹿児島の豚と牛の肉

嫁の実家から鹿児島の黒豚と牛の肉が送られてきました。

そこで本日は、黒毛和牛 肩ロースA-5等級です。

 

もしかして、A-5等級の牛肉なんて初めてかもしれません(今まで、そんなにこだわりがなかったもので)。

美味しいんじゃないかという期待が満々です。

 

鹿児島の嫁の実家から、鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級を食す

鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級01

 

鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級02

 

鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級03

九州のあの辺りでは、牛肉の日本一が多い。

今年のGWに宮崎に行ったときには、空港に「牛肉日本一」の垂れ幕がたくさん。

実際はどうなんでしょうねぇ。

 

鹿児島県の県庁のホームページにこうありました。

平成29年9月7日から11日にかけて、全国の和牛王座を決定する「第11回全国和牛能力共進会」が宮城県で開催され、「鹿児島黒牛」が悲願の総合優勝を獲得し、「全国和牛チャンピオン」に輝きました。

本県からは、県内各地から予選を勝ち抜いた30頭を出品し、9部門のうち4部門で1位を受賞するなど、出品した全ての牛が上位6位に入賞し、栄えある総合優勝(団体賞)を勝ち取りました。

https://www.pref.kagoshima.jp/ag07/sangyo-rodo/nogyo/tikusan/topics/kuroushi/kuroushi.html

鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級04

 

最初、「ちょっとしかないなぁ・・・」と思ってふと値段を見たら、なんと正規の値段で1380円/100g。

なんちゅう値段だ!

半額でも、十分高いぞ。

 

鹿児島黒毛和牛肩ロースA-5等級05

これがA-5等級か・・・

サシの入り方が美しい。

 

「美味しそう」

という言葉しか出てきません。

 

これをどう食べようか。

夫婦二人で118gですから。

ちょっとジャンクっぽい感じもしますが、すき焼き風のパスタにすることにしました。

『あの味をばっちり再現!すき焼き風パスタ』by macaroni

 

料理

すき焼き風パスタ

 

ちょっとキャベツ入れすぎちゃったかなぁ。

鹿児島黒毛和牛の主張が少なくなってしまった。

 

では、実食です。

 

まずは、牛肉が柔らかい。

 

そして、噛めば噛むほど旨味が肉から出てきます。

 

すき焼き風なので、砂糖がたくさん入っていて甘い味付けなのですが、それに、牛肉の旨味が相まって、甘さに肉の深みが加わります。

 

旨い!

 

以前、牛の小間切れ、180円位/100gの時には、筋張っていて、牛肉の香りはするものの、旨味というのはこれほどではありませんでした。

 

う~ん、もうちょっと量があれば、素材の旨さを引き出すような薄味の料理にしたのに。

 

しかし、この価格だと「また送ってね・・・」とは言えないなぁ。

 

今回の味を忘れないようにしておこう。

 

-鹿児島のグルメ

Copyright© 東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと , 2020 All Rights Reserved.