東京生まれ東京育ちの男が、鹿児島生まれ鹿児島育ちの嫁を貰って知ったり、気が付いたことを綴ったブログ

東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと

プロフィール

東京の旦那

東京の旦那

東京の旦那

■ 1961年東京に生まれる。

■ 東京生まれ東京育ち(15年くらい湘南で暮らす)

■ 現在東京都で暮らす。

■ 自営業

■ 趣味は読書(ビジネス書、歴史小説、ライトノベル、漫画等々幅広く)

■ Twitter " 神谷純(あつし) インターネットビジネス邁進中 @atkamiya "

鹿児島の嫁

鹿児島の嫁

鹿児島の嫁

■ 19xx年鹿児島生まれ

■ 鹿児島生まれ、鹿児島育ち(ちょっと大阪。そして、上京して10年を超えて現在に至る)

■ 現在東京都で暮らす。

■ 会社員

■ 資格:管理栄養士

■ 趣味:着物全般(趣味を生かしてレンタル着物店でパート。成人式や結婚式などの着付けもこなし、それなりに趣味を生かしての稼ぎあり。)、中国語

 

東京の旦那自己紹介

こんにちは、東京の旦那の神谷純です。

「純」と書いて「あつし」と読んでくださいね。

 

家族構成は、鹿児島の嫁との二人暮らしです。

 

東京の旦那神谷のカンタンな沿革

東京生まれ東京育ち。

 

幼稚園、小学校、中学校、高校までは地元の学校に通い、大学も郊外ではありますが、大学名に「東京」と入っている大学に通い卒業しました。

旦那
大学名には、「東京」以外にも、ちょこっと文字が入っています・・・

 

残業

IT会社に就職したのが、バブルのちょっと前(歳がばれますね・・・)

残業時間が月100時間を超えることもある、今から考えたらブラックとしか言いようのない職場に就職(残業代はしっかりもらっていました)。

最初は自宅から通っていたが、長時間残業に耐えられなくなり、職場近くに引っ越す(今から考えると、職場を変えるという発想がなかったのが残念)。

ということで、湘南で15年ほど暮らす)。

 

17年ほどで、最初の会社を退社。

東京でIT会社に再就職。

その会社が債務超過になり、さるIT会社に身売りしたような会社に。

さらに、そのさる会社が別のIT会社と合わせて企業統合に。

 

その時のシステム統合をプロジェクトに参加し、心身をすり減らし退職。

 

旦那
技術的な問題よりも、それぞれの会社の我の張り合いの調整に疲れ果てました。

 

そして、都内北区で、自営業として活動しています。

基本パソコン作業で家にいるため、家事は自然と鹿児島の嫁さんから、東京の旦那に移ってきました。

 

鹿児島の嫁さんとの結婚

これに関しては、トップページで綴っていますので、そちらを参照してください。

 

鹿児島との鹿児島の嫁さんとの暮らし

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛が西南戦争で最後の指揮をとっていた洞窟

鹿児島の嫁と結婚して、毎年一回以上鹿児島を訪れています。

 

鹿児島の嫁と両親、友達のおかげで鹿児島のマニアックな場所にも訪れることも。

 

桜島、美味しい魚、つけ揚げ、ラーメン、霧島神社、錦江湾の美しさ、豊富な温泉など鹿児島は魅力がいっぱい。

 

まだ、鹿児島の島々は訪れていないのですが、そのうち言ってみたいですね。

 

このサイトを開設したわけ

最初は、鹿児島と言う場所にはあまり興味はありませんでしたが、鹿児島を知れば知るほど、その魅力に惹かれていきました。

そんな魅力を多くの方に知っていただきたいと思います。

 

そして、このサイトが、鹿児島のことを知りたいと思う方の助けになったらと。

 

知れば知るほど鹿児島の魅力度は増していきます。

鹿児島のグルメ、鹿児島の観光地等を味わえば味わうほど、その魅力は深みを増していくでしょう。

 

 

 

2019年5月21日

Copyright© 東京の男に鹿児島の嫁が来て、いろいろ知った鹿児島のこと , 2020 All Rights Reserved.